カードローンについて

銀行カードローンのメリット

カードローンのサービスを提供している会社というと消費者金融や銀行などがあります。銀行系のカードローンを利用する際のメリットですが、なんといっても限度額が大きいことです。消費者金融であれば総量規制のため年収の3分の1以下の借り入れしかすることができないのですが、銀行は貸金業者ではありませんので総量規制の適用を受けることがなく大きい金額の借り入れをすることも可能なのです。また、融資を受ける時の金利も低金利です。消費者金融であれば18%で融資されますが、銀行系カードローンであれば14.6%以下の金利で融資が受けられますので利息の負担が軽減できます。また、最近では即日で融資の受けられるカードローンもあります。

総量規制の対象外のローン

銀行系カードローンの特徴は、総量規制の適用を受けない点があります。さらに低金利ですので、最初から消費者金融に申込をするよりも銀行系のカードローンに申込をしたほうが有利と言えます。それでは、逆に消費者金融でカードを作って、あとから銀行のほうが金利が低いときて申込をしても銀行のカードローンの審査は消費者金融に借入があることを嫌います。そのため審査で落とされることもあるのです。そのため最初から銀行でカードを作っておけばよかったとなります。その点に注意する必要があります。また、消費者金融では借りることができなくても銀行であれば専業主婦の方でもカードローンを申込をすることができます。総量規制の適用が受けないローンであるからです。

Page Top