ファクタリング活用

売掛債権をファクタリングすることで経営が改善します

中小企業にとってキャッシュの流れは大切です。本業の調子が良くても、資金の決済が回らず黒字倒産を起こす会社が少なくありません。通常時は協力的な金融機関でも、急な資金手当や使用使途が明確でない融資には時間がかかることがあります。 急な状況の変化に対し、ファクタリングで乗り切る手法があります。ファクタリングは自社が抱える売掛債権をファクタリング会社に一定の割引価格で買い取ってもらう手法です。債務者に支払い能力が無くなった場合は、債権売主に支払い義務が残ります。 また、売上の回収に疑問がある企業や取引には、非遡求型のファクタリングでも対応できます。これは債務者に支払い能力が無くなった際にも、債権の売主に支払いを求められない取引です。

サービスと買取価格について

通常のファクタリングであれば、回収までの期間や債権額の多寡にもよりますが、数パーセントの割引率で買取してもらえます。非遡求型は該当債務者の倒産確率にもより買取額が変動します。相応に倒産確率が高い取引先であれば、ファクタリングの実行は不可能となります。 最近では、医療費や介護報酬のファクタリングを行うサービスも登場しています。それぞれ、証拠となる証書や債権を所有権を移転させるかもしくは登記したりと、ファクタリング会社に回収不能になる事態が起こらないようにした上でサービスを受けることができます。 売上や資金の回収に手間をかけていたり、決済期日に不安がある企業であれば、ファクタリングを有効に活用することができます。

Page Top